二重ラインで目元美人に大変身【魅力的なアイラインマジック】

レディー

理想の目元を作る施術

笑顔の女性

ダウンタイムに注意

二重まぶたを作るのに役立つテープや化粧品は様々な種類がありますが、あくまで一時的な効果ですので、二重を保つためには毎日アイメイクに時間をかける必要があります。時間がかかることはもちろんですが、デリケートなまぶたの皮膚が傷むことを心配している人もあるのではないでしょうか。メイクに頼らず、永久的にふたえまぶたを保つのであれば整形が良い効果を発揮してくれます。治療も様々な方法があり、メスを使わずに短時間で行えるもの、切開をしてくっきりしたラインを作る方法、時には余計な脂肪を取除いて腫れぼったさを取除くこともあります。美容整形に成功するとノーメイクの際にもぱっちりとした理想の二重を作ることができますが、美容整形にはダウンタイムもありますので、そのことも考えた施術を行う必要があります。メスを使わない埋没法などは比較的ダウンタイムも短く、回復は早い傾向にありますが、治療直後はやはりある程度の腫れや赤み、痛みなども生じます。それゆえに施術を行う前にはどの程度の期間で腫れや痛みが引くのかよく考えて施術を行いましょう。メスを使う治療はラインが取れる心配はありませんが、よりダウンタイムは長くなりますので、長期に休暇が取れるかも確認しておきましょう。

治療の特徴を知る

二重整形を行う際は、それぞれの美容整形の特徴をよく理解しておくことが大切です。治療方法は一種類ではなく、まったくメスを使わずに行える治療の場合は特に短時間で行うことができ、ラインの変更も比較的簡単に行うことができます。一重を二重にしたい人にはもちろん、もともと二重の人もよりはっきりとしたラインにしたいときにも活用されています。メスを使わないので、傷が残る心配もなく、抜糸の必要もありません。症状によってはメスを使わない治療だけでは理想の目元を作れない場合もあります。そうした場合にも部分切開を行えばまぶたの余計な脂肪を取り除くことができますし、まぶたにたるみがある場合は全切開も有効な方法です。より華やかな目元にしたい人や埋没法でラインが取れてしまったという人にも有効な方法です。メスを使わない治療と比べ、より手術時間は長くなり、ダウンタイムも長引く傾向にありますが元に戻る心配はほとんどなく、長くきれいな目元を保つことができます。より目を大きくすることができますが、埋没法のように元に戻すことができる施術ではないことは理解しておきましょう。一重まぶたの場合もそれぞれ違う特徴がありますので、医師と相談しながら最適な治療方法を選んでいきましょう。